Time Left

迷える大学4年生のブログ

12321 卒論終わった

卒論オワタ・・・いや、終わった。おわったどぉおぉぉぉ!!

厳密に言えば、引用文献リストがまだだし、これからゼミ生同士で読みあいさらに推敲しなければいけないんだけど、もう9割方終わったと言っていいだろう。

 

まぁ、考察が酷すぎるがな。

 

というのも実験手続きに穴がありすぎるからだ。よくよく見てみると、私の実験は何も明らかにしていないという酷いものである。発表したら反論しか返ってこない。卒論発表会が楽しみだね!!

 

f:id:timeleft_blog:20171221104920j:plain

↑私の卒論のイメージ

 

で、先生にそれを言ったら「反省文は駄目だから。それ書いたら成績下げるから」って脅された。ひぇ、、、。確かに、せっかく実験したのに「それは何の意味もありませんでした」みたいな感じで〆たら「じゃあ、何でその実験したの?」って話になるので、そのような書き方は避けるべきだと思うけど、研究の欠陥を理解し結果に対する反論を予想できるのにも関わらず、さも、何かを明らかにしたように書くのは難しく苦痛であり大変だった。これは、何か就活の自己分析と面接に似ている。

 

でも、考察がダメダメでも卒論は頑張ったつもりである。手続きがボロボロなのも先行研究がほとんどなされていないテーマを扱ったからであって、手探りの状態で始めるしかなかったからだ。時間があればこのような失敗も防げたと言われればそうだけど、8月まで就活してたからね。仕方がないね。もっと時間があれば、もっと早くから始めればという後悔はない。というのも間違いなくその選択肢は無かったからだ。私は、自分が卒論に使える時間の中で出来る限りの事はしたと思う。

 

自己弁護がすぎるな、、、。取りあえず、ほぼ卒論終わったので美味しいものでも食べます。クリスマスも近いしケーキ1ホール食べたいー。