Time Left

迷える大学4年生のブログ

0811 愛

愛とは何ぞ?

 

好きなブロガーさんがいる(Kさんとしよう)。彼は、社会的に高い地位に就いていないようであるが、ブログの文面から思慮深く勤勉な人柄が伺える。彼の思想は悲観的ながら現実的で、その多くは得心できるものであるが、唯一、彼の強烈に愛を求める姿には理解できなかった。

 

正直に言いますと、私は現在まで誰とも付き合ったことは無い。その理由として、低顔面偏差値が挙げられるが、それ以上に自ら積極的に男性に近づくことが無かった。その必要性が無かった為だ。

 

私は現在まで、誰にも恋愛感情を持ったことが無い。「like」はあるが「love」は無い。なぜ、ある人が特定の誰かに過度に熱中してしまうのか今でも理解し難い。なぜ、他人にそんなにも傾倒できるのだろうか?

 

加えて、なまじ本を読んでいるせいか、「恋」だの「愛」だのにポジティブな側面を見出していない。それらは一時的な感情の高揚に過ぎず、時として道を踏み外させる(結婚とかね)。

 

Kさんは賢明であるため、「愛」の欠点を理解しているはずだ。それでも、なぜ、「愛」を求めるのか。今の自分には分からない。もしかしたら、年を重ねるにつれ寂寥感や虚無感が耐え難いものとなるのか。そうであるならば、私もいつかそれを熱望する時が来るのだろうか。そう考えると少し面倒臭いなと思った。